甘いのやめるのやめた ~腹斜筋女子~

甘いもの&スポーツ好きのブログ

読書と美術館で学ぶ

トルコ至宝展に行ってきた。in 国立新美術館(開催期間2019.3.20-2019.5.20)。最後の週末なので混雑していた。当日券は1,600円。web上で買えた。チケット売り場はさほど混雑していなかった。

↓展示場内は当然のこと撮影禁止なので、新国立美術館の内観。建物も芸術。高い所怖いので、下は見られん。

f:id:hoshimai:20190520065324p:plain

f:id:hoshimai:20190520065614p:plain

入り口で展示物の名称と年代が記載されているリーフレットをもらう。これだけではよくわからないので、音声ガイドを借りる。550円。展示品の横に説明書きも掲示されているが、字が小さい&薄暗く、人が溜まるのでよく見えないから、音声ガイドがあったほうが断然いい。人を気にしなくていいし、内容が頭に入ってくる。

↓事前に『オスマン帝国 繁栄と衰亡の600年史』(小笠原弘幸・著)を読んでいた。事前情報は大切。複数の視点で見られるので、記憶に残りやすい。

f:id:hoshimai:20190520070221p:plain

本の内容はオスマン歴史の鳥瞰図。耳馴染みのない言葉が多く、読むのに時間がかかった。オスマン帝国の繁栄の理由がわかる本。知らないことを知るということは楽しいことだ。王族特有の残酷な世界もわかった。世界にはそれぞれ歴史があるのだ。

展示場では、本に書かれていた人物が多く登場してきた。宝石がキラキラ光っていて重そうで、機能的にはどうなの?と思う刀剣や、肩が凝りそうな首飾りなどなど、オスマンの繁栄を知ることができる展示だった。

京都会場(2019.06.14-2019.7.28)もあるそうだ。

公式サイト https://turkey2019.exhn.jp/

 

週末は、(土)ゴルフ→トレーニング (日)バレー

と他、イベント。体中筋肉痛。予定詰め込み過ぎで疲れた。&たくさん食べて胃腸も疲れた。